エコバッグのあれこれ Q and A 職人のつぶやき

トートバッグの特徴と種類|自分に合ったバッグ選びのポイントとは?

更新日:

こんにちは!エコバッグハウスです。

身近にあって、何気なく使っているトートバッグですが、その他のバッグとは、どのような違いがあるのか知っていますか?

前回のブログでは、「バッグ」というおおまかなくくりでしたが、今回は「トートバッグ」を掘り下げて、種類や特徴、バッグ選びのポイントを、ご紹介していきたいと思います。

トートバッグの語源・基本的な形状

『トート』は英語で『tote』と書きます。これはアメリカの俗語で「運ぶ・背負う」という意味です。物を入れて簡単に運ぶことができるバッグのことを指しています。

アメリカのアウトドアブランド、L・L・ビーンが1944年に発売した「ボート・バッグ」がはじまりと言われていて、キャンプ場などのアウトドアシーンで水や氷を持ち運ぶために開発されたものです。現代では保冷剤とクーラーバッグで食品や飲み物を保存しますが、当時は大きな氷を使う必要があり、それを運ぶバッグとして開発されました。重い氷を持ち運ぶことができ、外気を遮断し氷が融けにくく、融けても水を通しづらい機能が必要だったのです。

そのため、生地はジーンズの2倍の厚さ(オンス)があるキャンバス生地が採用され、ものが出し入れしやすい広口で、マチの深い大きな角型の形状になっています。そして、色の違うベルト(ハンドル=持ち手)が、底を支えるように両サイドに2本ずつ縫いつけられた、手提げ袋状のデザインになりました。

機能性の高さに注目したのが、アメリカの大学生でした。重い辞書や教科書、部活の道具などを運ぶために使っていて、その姿が活発で若々しいスタイルとしてファッションシーンにも広がりを見せます。

素材を変え、デザインにマイナーチェンジを加えることで、ファッションアイテムとしてトートバッグは拡散・進化しています。アウトドアシーンかからファッションアイテムなった経緯や学生が注目したという点が、マウンテンパーカ―の成り立ちに似ているようです。

トートバッグの特徴とは?

収納力が高い

広口でマチ幅が深く、底板のないタイプが多いため、バッグの形状が自由に変わり、大量の荷物が入ります。収納力の高さが最大の特徴と言えます。また、持ち手(ハンドル)が底を支えるように両サイドに縫い込まれているので、重さを気にすることなく収納できます。

素材の種類が豊富にある

基本的な素材は丈夫なキャンバス生地です。しかし、現代ではレザーを使ったファッション性の高いもの、機能的な化学繊維を用いたビジネス仕様のもの、ナイロン製の買い物袋など、さまざまなバリエーションがあります。

肩から掛けて使える

トートバッグと呼ばれるものには、縦長と横長の2つのタイプがあります。氷や水を運んだオリジナルのものは横長タイプで、重さがあるのでハンドル部分を肩にかけて運べるようになっています。現代でもその意匠を受け継いだものが多く、長いハンドルがついた横長タイプは肩掛けとして向いています。

公私共に使いやすい

収納力が高いので、ノートPCやプレゼン資料、スケジュール帳などのほかに、プライベートなものをバッグインバッグに分けて入れることもできます。

例えば、仕事帰りにジムの予定が入っている週末は、トレーニング用のウェアとシューズ、着替え、厚手のタオルも余裕で入ります。小さな子供のいるママにも便利で重宝します。お出かけグッズ一式を詰め込んで自転車のかごに入れましょう。

トートバッグは、世代やシーンを問わず大活躍するバッグなのです。

トートバッグの素材や種類

キャンバス(帆布)

もっとも基本的な素材です。厚手の綿素材で、L・L・ビーンのオリジナルは、ジーンズの2倍の厚さ(2倍のオンス数)のものだったようですが、現在流通するものは、約8オンス~14オンスなので、それほどのスペックを有していません。しかし、丈夫であることが求められるので、タフな質感のキャンバス地を使うものが多いようです。

ボディの色は生成りで、側面にブランドロゴやメッセージをプリントしたものが多いです。

ハンドルはネイビーやグリーン、または赤いものがしっかり縫いつけられていて、そのコントラストがカジュアルな印象につながります。綿素材なので、経年変化が楽しめます。汚れたら洗濯機で洗い、天日で乾かします。これを繰り返すことで、ハンドルの色が育つのです。

使い込むとシミが残ったり、穴が空いたりするなどダメージも発生します。これらをリペアしながら使い込み、次の世代に渡すという楽しみもあります。最近は、古着屋さんも中古のトートバッグを扱うようになっていて、ハンドル部分のほつれを修理したモノやプリントされたロゴが割れているものが『かわいい』対象になっています。丈夫なものを求めておけば、孫の代までとは言いませんが、次の世代が喜んで使ってくれそうです。

レザー

レザー使いの縦型タイプで思い出すのは、ルイヴィトンのトートタイプではないでしょうか。A3サイズ程度でマチ幅は10センチほどです。このトートをビジネスに使うキャリア女子が増殖した時代がありました。強い人気があり、無造作に使う姿が『cool』なのです。横型タイプは前述のボッテガ・ヴェネタが有名です。

収納力があり、丈夫であることがトートバッグの機能なので、本体は軽い必要があります。重量感のある革を使うのは相応しくありません。薄手の革を使い、底材を補強するなどすることで容量に耐えうる丈夫さを保っています。

ナイロン

バーバリークロスをナイロンコーティングした素材でトートバッグに仕上げたものが思い浮かびます。また、キャンバス素材ではなくナイロンクロスに変更したもの、そこからデザイン派生したものなど、様々なタイプが出ています。

素材自体が軽く、発色がキレイで、鮮やかなプリントも可能なので、現在もっとも流通している素材かも知れません。雨に濡れても大丈夫なので、ノンブランドからハイブランド問わず人気が高い素材です。

ビニール

代表的なのは透明なデパガバッグでしょう。同じ仕様で、ハンドルの色が違うものや、半透明な素材を使ったものなどがあります。エルベシャプリエのビニールトートは、シンプルなデザインと可愛らしいサイズ感、そして発色の良さで人気があります。海外のリゾートに行くと、サングラスやペーパバッグをシャプリエに入れて、ホテルのプールサイドで寛ぐ老夫婦を見かけることがあります。

綿(オックスフォードクロス)

キャンバスもそうですが、女性向けファッション誌のおまけとして、綿素材でサブバッグサイズのトートバッグが採用されました。こうしたキャンペーンのノベルティで使われるほか、美術館のミュージアムグッズとして利用されることが多いようです。価格も手ごろで記念品として人気があります。

折り畳みでき、軽いのでサブバッグとして、カバンに忍ばせている方も多いのではないでしょうか。

その他 かご

籐製の買い物かごもトートバッグに分類されるでしょう。ナイロンテープや紙テープで編み込んだものあります。

トートバッグを選ぶ際のポイント

作りがシンプルなので、使い勝手が良く、様々なシーンで使えます。また年代も問いません。流行にも左右されることがありません。

自分のライフスタイルに合わせて選ぶ

・男性、ビジネスで

スーツやジャケット&パンツスタイルに似合うものが要求されます。

縦型タイプで、靴はレザーでしょうから、バッグ本体やハンドルも同素材で合わせたほうがいいでしょう。サイズはA3程度が必要です。シンプルな色調、ネイビーやブラウンが無難だと思います。ジャケット&パンツスタイルの時だけ、ナイロンクロス素材で発色のきれいなものに代えてみると、リラックス感が演出できます。雨の日用という選択もありです。

・男性、プライベートで

ナイロンクロスまたはビニールクロスの横型タイプで、形状イメージはエルベシャプリエです。スマートフォンと財布や免許証などが入れば足りますが、あまり小さいサイズではバランスが悪いので要注意です。カラフルに行くか、カモフラージュ柄などで攻める色合いでいくのか出かける目的に応じた使い分けも楽しいです。

・女性、ビジネスで

イメージは前述の通りです。大き目のバッグを使っているだけで『デキる』と思わせることが出来そうです。

・女性、プライベートで

ボッテガ・ヴェネタを使いこなせれば理想ですが、なかなか現実的でないなら、シャプリエの大き目トートが良さそうです。駅前のスーパーでの買い物で大活躍すること間違いなしですし、中にエコバッグを備えておけば、なお便利です。

・犬のお散歩に

小さな財布とスマートフォンなどが入り、犬の後始末グッズが入るものが良いでしょう。出し入れが楽な横型トートが便利です。ナイロンやビニールクロスなど汚れをカンタンに拭き落とせる素材が向いています。

・ゴルフの練習・打ち放しに

財布やカギ束などが入る、小さめ横型タイプが便利です。ナイロンクロスでもキャンバスでも良いでしょう。

・アウトドアで

BBQなど野外でするなら、切り分けた材料をプラスチック容器に分け、トートに入れておけば安定して運べます。そうした場合は、やはりキャンバス地がおすすめです。使い込み、こなれた感じが出てくればより雰囲気が増してきます。

丈夫で長持ちするデザインを選ぶ

トートバッグに求められるのは機能性です。

収納力の高さ・重い荷物にも耐えられる丈夫なこと・流行に左右されず長持ちすることが大切です。耐久性という点ではビニール製とコットン製に不安が残りますが、安価なので数枚用意して使い分ければ長持ちします。サイズに見合ったものを入れるのであれば、これらでも意外に丈夫ですよ。

さまざまな素材・柄のおすすめエコバッグ

ヘヴィーキャンバストートバッグ(大)

厚手キャンバスレザーハンドルトートS

コットンリネンひも付たっぷりトート

デイリースクエアトート

 

フェルト素材のエコバッグ一覧はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

もし迷っていらっしゃるなら、この4種類のトートバッグをそろえておきましょう。

ビジネスなら縦型のレザー製、カジュアルシーンで汎用性が広いキャンバス素材はオリジナルのLLビーン製をぜひ。ちょっとしたお出かけやエコバッグ代わりに使えるナイロン製のシャプリエタイプ、サブバッグとして活躍するキャンバス製またはコットン製です。機能性が大切なので『大は小を兼ねる』に従ってサイズを検討しましょう。

このブログが少しでも参考になれば幸いです。

トートバッグ・エコバッグを検討されている方は、エコバッグハウス通販サイトをぜひご覧ください!

オンラインショップへ

電話

-エコバッグのあれこれ Q and A, 職人のつぶやき

Copyright© オリジナルエコバッグ・トートバッグ・名入れ印刷のエコバッグハウス , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.