エコバッグのあれこれ Q and A 職人のつぶやき

昇華転写プリントとは?発色豊かなフルカラー印刷の魅力と注意点

投稿日:

こんにちは!エコバッグハウスです。

「印刷をする」と一言で表しても、さまざまな印刷方法が存在することをご存知ですか?「自分の希望するデザイン通りに印刷できれば問題ないし、印刷方法は何でもいいかな。」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?実は、印刷方法によって得られるメリットやデメリットは異なり、仕上がりも大きく変わってくるのです。

今回は、数多くある印刷方法の中から「昇華転写プリント」を、ご紹介していきたいと思います。

 

 

昇華転写とは?

まずは、昇華転写とはどんな印刷方法なのかについてお伝えしましょう。

昇華転写の仕組み

はじめに、昇華転写プリントがどのようにして印刷されているのか仕組みについてご紹介します。

①専用の転写紙にデザインをプリントする

このときに、水性のインクを使用してデザインを出力します。

②印刷物を熱で気化させる

③密着させたポリエステル生地にデザインを染み込ませる

約200度の高熱とプレス機による高圧により、ポリエステル生地の繊維の中へ染料が浸透します。

④印刷物を冷ます

染料が染み込んだ後に、印刷物が冷めることによって染料を閉じ込めることに繋がります。

以上で、昇華転写プリントの完成です。

このようにして、ポリエステル生地を直接染料で染めるため、生地とインクが一体化したような仕上がりになります。また、印刷面がごわつくことなく違和感のない仕上がりになるため、素材の通気性を生かした機能性素材の風合いを損ねません。

昇華転写が可能な製品

では、この昇華転写が可能な製品としてどのようなものがあるでしょうか。

  • Tシャツ(ポリエステル素材のみ)
  • マグカップ
  • スマホケース
  • 表彰楯
  • 展示会でのサイネージやのぼり
  • 大型バナー

布を使用した定番の印刷物であるTシャツはもちろん、陶器のマグカップやスマホケース、展示などで活用できるサイネージ・のぼり・大きいサイズのバナーなど、作ることのできる製品の種類はさまざまです。

 

昇華転写プリントでは、フルカラーで鮮やかにデザインを再現することができる点が魅力的です。華やかなデザインを短い期間で納品することができるため、企業での展示会や店頭イベントに使用するノベルティ制作にも役立つのではないでしょうか。

 

 

 

昇華転写のメリット・デメリット

続いて、昇華転写のメリットやデメリットについてご紹介します。メリットやデメリットを事前に理解しておくことで、本当にあなたが実現したいプリントと昇華転写の相性がいいのか検討しておくことができます。それぞれチェックしていきましょう。

メリット

①転写工程が短い

まず1点目として、転写工程が短い点です。転写紙の在庫があれば、小ロットで印刷することができます。また、インクジェット出力であれば製版が必要なく、手軽に注文することが可能です。結果として、他の印刷方法と比べて短納期で商品を受け取ることができます。

②洗濯に強い

次に2点目として、洗濯に強い点です。昇華転写プリントでは、生地そのものをインクで染め上げて印刷するため、プリント部分が洗濯により簡単に剥がれてしまう可能性が低いです。また、耐久性が強いため印刷面のひび割れや色落ちがありません。

③生地への定着率が高い

最後に3点目として、生地への定着率が高い点です。昇華転写プリントは、フルカラーで写真などの入稿データそのままの色合いで印刷することが可能です。生地にインクを浸透させてプリントするため、他の印刷方法よりも生地への定着率が高いといえます。ただ、印刷できる生地には限りがあり、ポリエステルと綿の混合記事では印刷ができないため注意が必要です。

デメリット

①熱に弱い

まず1点目は、熱に弱い点です。昇華転写プリントでは、高い温度の熱を活用して印刷します。そのため、アイロンや乾燥機など高熱の環境に晒してしまうと、インク部分が再び気化してしまい、色落ちの原因となってしまいます。また、使用されるインクが紫外線に弱いため、長い時間日光に浴びると色落ちしてしまうこともあります。

②濃い色の生地には発色が悪い

次に2点目は、濃い色の生地には発色が悪い点です。黒や茶色、紺色などの濃い色を使った生地へ昇華転写プリントを行うと、デザイン部分が生地に埋め込まれてしまったような仕上がりになってしまいます。そのため、もし濃い色の生地へ印刷をお考えの場合にはインクジェットプリンターなどのプリント方法をおすすめします。

昇華転写プリントに適したおすすめエコバッグ

・イベントリュック

・マルチ巾着

ポリキャンバスM

・ユーティリティバッグM

 ・ポリエステルバッグ一覧はこちらから

 

 

まとめ

今回は、昇華転写プリントについてご紹介しました。印刷物に理想のデザインのままプリントすることができるため、「何か違う・・・」を解消できる一つの方法ではないでしょうか。プリント方法についてこれまで検討したことがなかったという方も、この機会にぜひ一度適したプリント方法について検討してみることをおすすめします。

このブログが少しでも参考になれば幸いです。

昇華転写プリントに適したバッグを検討されている方は、エコバッグハウス通販サイトをぜひご覧ください!

オンラインショップへ

電話

-エコバッグのあれこれ Q and A, 職人のつぶやき

Copyright© オリジナルエコバッグ・トートバッグ・名入れ印刷のエコバッグハウス , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.