エコバッグのあれこれ Q and A

ポリエステル素材の特徴とは? メリット・デメリットと長持ちさせるコツ

更新日:

こんにちは!エコバッグハウスです。

洋服には様々な素材があり、それぞれ異なる特徴を持っています。
シワが寄りにくい生地や肌触りが良いもの、シルクのような高級感のあるものまで様々です。

ポリエステルもその一つ。
ポリエステルは私たちが普段着ている衣類にも多く使用されている素材です。
今日はポリエステルの素材について特徴やメリット・デメリット、洗濯方法などご紹介していきましょう。

 

 

ポリエステルの特徴

まずはポリエステルの特徴についてご紹介していきたいと思います。

ポリエステルの最大の特徴は「軽くて丈夫である」ということです。
さらに素材がリーズナブルに手に入るということから多くの衣服に使用されています。

また、シルクのような光沢感や質感を出すことができるということで、とても重宝される生地の一つと言えます。

 

ポリエステルの由来

そもそも、ポリエステルはどのようにして作られたのでしょうか?

ポリエステルの原料といってもその種類は様々で、ポリブチレンテレフタレート(PBT)、ポリトリブチレンテレフタレート(PTT)、ポリエチレンテレフタレート(PET)など様々な種類の原材料が存在します。

特に、ポリエチレンテレフタレート(PET)に関してはペットボトルの材料として使用されており、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

つまり、ポリエステルはこういった樹脂と石油とを化学合成させて作った合成繊維ということになります。

 

ポリエステル素材の長所と短所

ポリエステルの長所

ポリエステルの素材の長所は、なんといっても高い強度です。
形状の記憶性が高いため、男性用のシャツや女性用のスカートなどシワが寄りやすい衣料にはうってつけの素材です。
男性用のカッターシャツなどで最近よく見かける「ノンアイロンシャツ」は型崩れしにくいポリエステルを使用して作られています。

アイロンをかけるのが面倒だという男性には便利でおすすめの素材です。

また、プリーツ加工をする際も形状記憶性が高く、シワが寄りにくい性質のポリエステルが適しています。
そのため、女性用のブラウスにも多く使用されています。

そのほかにも、吸湿性や吸水性が低く、速乾性が高いこともポリエステルの大きな特徴です。

ポリエステルは速乾性が高く濡れてもすぐに乾き、カビや湿気に強い繊維です。

速乾性が高いため、サラサラとした着心地です。

ポリエステルの短所

これだけいい素材にも短所は存在します。

ポリエステルは静電気が発生しやすい特性があり、肌へのダメージが他の生地に比べて大きいのです。
特にポリエステルで製造されたセーターには注意が必要です。
ウールでつくられたセーターとは異なり、ポリエステルで作られたセーターは毛玉が出来ると取りにくいというデメリットがあります。

これはポリエステルの繊維が強いからこそのデメリットです。

 

ポリエステル素材がよく使われているアイテム

ポリエステルが使用されている製品はどのようなものがあるでしょうか?

これまでのポリエステル素材の特徴をまとめると、形状記憶性が高く安価で吸湿、吸水性が高いという多くのメリットがあります。

そのため、売値を安くして高いクオリティの商品を作る際にはうってつけの素材です。

男性用の形状記憶シャツや女性用のスカート、また、リーズナブルな価格で販売されている衣類にも、ほとんどの場合ポリエステルが使用されています。

また、肌触りの良さから寝具にも多く利用されています。

 

 

化学素材と天然素材との違いは?

ポリエステルのほか、アクリルやナイロン、レーヨンのといった化学素材とリネンやシルク、コットンなどの天然素材との違いについてもご説明していきましょう。

そもそも動物や植物など、生き物から作った天然繊維と化学合成によってつくられた化学繊維では製造ラインから大きく異なります。

そこは大前提としても、やはりそれぞれに長所、短所が存在します。

肌触り肌への負担を考慮するならば、化学繊維よりも天然繊維に軍配が上がります。

とはいえ、化学素材のような形状記憶性は無く、シワが寄りやすいため洗濯した際は必ずアイロンをかけなければなりません。
お手入れが大変な点は天然素材のデメリットとも言えます。

また、価格も高いという欠点もあるので、自分がどのような用途で利用するのかなどを検討しながら生地を選びましょう。

 

よく見る「ポリエステル混合」とは?

商品の素材を見ているとよく見かけるのが「ポリエステル混紡」という言葉。
これはどういったものなのでしょうか?

混紡という言葉は二種類以上の繊維を糸状にして紡ぎ合わせるという意味があります。

ポリエステル混紡とは、天然繊維と化学繊維のメリット同士を合成させたような素材になります。

こうすることにより、天然素材と化学素材のメリットを掛け合わせることが出来ます。

もちろんデメリットも共有してしまうため、デメリットもしっかり考慮する必要があります。

 

ポリエステル素材のお手入れ方法

洗濯方法

ポリエステル素材の洗濯について、チェックしておくべきポイントを抑えておきましょう。

ポリエステル素材の衣類を長持ちさせるためには洗濯の方法もしっかりと把握しておく必要があり、最近のポリエステルでは家庭用の洗剤や洗濯機が使えないものもあるため、注意が必要です。

黄ばみなどの汚れがきになる場合は、弱アルカリ性の洗剤を利用すると綺麗に汚れが落ちます。
摩擦によって静電気が発生し生地が傷む可能性もあるため、柔軟剤を使用することを忘れずに!

洗濯の注意点

ポリエステルの生地を洗濯する際の注意点は、ズバリ温度です。

ポリエステルは高温に弱く収縮してしまう可能性があるため、冷水など低温で洗濯するようにし、乾燥機にはかけないようにしましょう。
ポリエステルを洗濯した場合はしっかり日光で乾かすことをお勧めします。

また、直接洗濯をせず、洗濯ネットに入れ、洗濯コースは『手洗いコース』や『ドライコース』などのやさしい洗い方を利用しましょう。

 

ポリエステル素材を長持ちさせるコツ

ポリエステルを長持ちさせる方法は、保管の知識をしっかりと身につけ管理することです。

大量生産されており、比較的安価で購入することができるポリエステルですが、お気に入りの衣類は長く着用したいもの。
基本的な洗濯方法や保管方法などコツを抑えれば、十分に長持ちさせることが可能です。

 

ポリエステル素材のオススメエコバッグ

イベントリュック マルチ巾着 ユーティリティバッグ(M) マルチトート(L)

ポリエステルバッグ一覧はこちらから

 

 

まとめ

いかがでしたか?

現在は普段着や下着にも多く使用されているポリエステル。
開発コストが低く、生産量も多いポリエステル素材は私たちの生活には必要不可欠です。

通気がよく、機能性の高いポリエステル素材はコストだけに限らず、しなやかな肌触り、上質な風合いを与えてくれます。

再生繊維として使用されるポリエステルは耐久性も高いため、基本的な保存方法を覚えれば非常に長持ちする素材です。

機能性などもしっかり理解したうえで、活用していきたいですね。

このブログを参考にしていただき、少しでもお役に立てれば幸です。

 

-エコバッグのあれこれ Q and A

Copyright© オリジナルエコバッグ・トートバッグ・名入れ印刷のエコバッグハウス , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.