エコバッグのあれこれ Q and A

展示会への出展テーマを決めるポイントとは?効果的な演出、アプローチ方法

更新日:

こんにちは!エコバッグハウスです。

展示会は、多くの来場者と接することができ、生の声を聞けるうえに自社の商品・サービスを多くの方へ知ってもらうことができる場となります。

今回は、展示会へ出展する際のポイント・来場者へのアプローチ手法に関してご紹介させていただきます。

 

 

展示会への出展テーマを立案するポイントと計画

目的と目標を明確化する

展示会へ出展する目的を明確化することが大切です。
展示会自体がBtoB・BtoCどちら向けになるのか・どのような企業、競合他社が出展するのかを考慮し、出展の目的と目標を設定しましょう。

例えば、「商品・サービス・自社のPR、認知度を上げる」・「実際の生の声を聞いて、商品・サービスの改善に繋げる」・「現状の反響を知る」・「見込み顧客・新規顧客獲得をする」などになります。

目的が決まれば、次に目標を明確化します。
「名刺○○枚獲得する」・「配布物○○枚配る」・「アンケート○○枚回収する」などです。
目標を明確化すれば、当日のスタッフさん達の動きも効率良くなるでしょう。

ターゲットを設定する

自社の商品・サービスと来場者層を考え、ターゲットを設定しましょう。
事前に展示会を主催する専門会社へ連絡し、主催者へ来場者の層を聞いてリサーチしておくと良いでしょう。

ターゲットの設定は、男女・年代・住んでいる地域(エリア)のみでなく、自社の商品・サービスを購入する人はどんな人物になるのか、人物像をきちんと設定することにより、より効果がでます。
自社の商品・サービスを購入している既存顧客の属性から、ターゲットを設定することも良いです。

当日の動きをシュミレーションする

当日の「動員数」と「役割割分」を決め、シュミレーションすることが大切です。
当日は慌てず、来場者に対しても落ち着いた対応をすることがポイントとなります。

展示会への出展はコストが膨大にかかる場合もありますので、開催前にきちんと計画を練ることにより費用対効果も上がるでしょう。

 

テーマに沿ったブース演出をするには

出展テーマと目的を考慮し「シンプルにするのか」・「少し華やかにするのか」など、きちんとテーマを設定しブースに反映させましょう。
ブースのテーマが決定したら、テーマに合わせてレイアウトを考え、展示物の設置や装飾を施していきます。
レイアウトに関しては、開放感など「来場者が入りやすい空間」を演出することがポイントとなります。

ブース演出として、モニター・デモツールの活用など他出展社ブースとの差別化を図り分かりやすい演出ができれば、より来場者の目に留まるブースとなります。
「体験コーナー」を設け、来場者が無料で体験でき「その場で○○プレゼント」など来場者も楽しめる演出も効果的です。
また、自社のキャラクターをお持ちであれば、「ゆるキャラ」のようなキャラクターの演出も良いでしょう。

展示会のテーマと来場者の層を考慮し、来場者の五感に訴えかけるブースを作り上げることがポイントとなります。

 

 

来場者に伝わる出展ブースとは

来場者が自社のブースを見た時に、一目で「注意を引きつけられるか」もしくは「どんなブースか伝えられるか」が大切になります。
来場者に素通りされることをなるべく避ける為です。
例えば、来場者の目が留まりやすい壁などに「キャッチコピー」を設置し、上部パネルにメッセージ・装飾などを施すようにしましょう。
出展テーマに沿ったインパクトがあるブースにすることにより、離れた場所から見ている来場者を引きるけることができます。

ブースの出展位置も大切になります。
会場マップと来場者の導線を考慮して出展位置を決めることにより、より来場者に目が留まりやすくなります。
展示会によっては、「ショー」・「講演会」などを設けている場合もあります。
その際は、イベント毎が行われるステージなどの付近に出展するのも良いでしょう。

 

来場者へのアプローチ方法

ブース付近の来場者に対して、タイミングを見計らって声をかけ資料・パンフレット・サンプリングを配るなどをしてアプローチしていきます。
配布物を配るスタッフは、来場者と異性のスタッフ・イベントコンパニオンなら「配布物を受け取ってもらえる確率」・「来場者がブースの中で詳しく話を聞いてくれる確率」が上がるでしょう。接し方も来場者をお客様と思って対応することが大切です。
ただ、人数が多いとブースに入りにくい印象を与えてしまう可能性がありますので、ブースの大きさによりますが人数には注意が必要となります。

配布物の中には、ノベルティ(ボールペンなどの実用品)・食品(お菓子・飲料水など)を入れて「プチお土産感」を与えると、受け取ってもらいやすくなります。
さらに、自社の名前・ロゴなどを入れておくと認知度UPにも繋がります。

弊社の取り扱っているエコバッグも人気のノベルティのひとつです。

配布するスタッフさんが明るく元気に対応することにより、ブース自体が好印象となり、来場者が立ち寄りやすくなります。
来場者は国内の方のみならずバイヤーなども来場する場合もありますので、海外の方に対しても対応できるスタッフさんがいると良いでしょう。

ブース内では「展示会限定で○○円」・「展示会限定で○○」と告知をし、「限定・お得感」を出してアプローチすることも良いです。
来場者との商談の際に有効活用することができ、新規顧客獲得に繋がります。

その他、事前に出展情報を提供し、当日はブースに立ち寄ってもらうアプローチも良いです。
来場者は数あるブースから、ある程度目星をつけて展示会へ参加する場合が多い為です。
例えば、当日のパンフレット・マップ・運営側の公式サイトに広告枠が設けている場合は、広告を出稿し告知。
自社のホームページ・各SNS・既存顧客へ出展の告知。既存顧客へDMで招待状を送るなどの方法となります。

 

展示会にオススメのコットンバッグ


A4コットンバッグ 【ナチュラル】


コットンバッグ(M) 【ナチュラル】


A3エコバッグ


厚手コットンバッグ(L)

コットンバッグ一覧はこちらから

展示会用バッグ一覧はこちらから

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

展示会へのブース出展は、会社(組織)が団結して作り上げることがとても大切になります。一人一人が主体性を持って意見を出し合いながらテーマを考えブースを作り上げることで、会期後(展示会終了後)は達成感が味わえると同時に会社(組織)の団結力が上がります。

是非、「展示会へ参加して良かった!」と皆で喜びを味わえる出展にしてくださいね。

-エコバッグのあれこれ Q and A

Copyright© オリジナルエコバッグ・トートバッグ・名入れ印刷のエコバッグハウス , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.