エコバッグのあれこれ Q and A

粗品とは?マナーを理解して喜ばれる贈り物を

更新日:

こんにちは!エコバッグハウスです。

皆さんも一度は粗品を受け取ったことはあると思います。

今回は、粗品とは何か?利用シーンなどを、ご紹介させていただきます。

 

 

粗品とは

粗品(そしな)は様々な場面で使われていますが、基本的な粗品の意味合いや粗品を贈る際に添える言葉などはご存知でしょうか。

日本の贈り物文化の一つ、粗品とは何かや日本人なら使いたい粗品を渡す際の一言についてご紹介します。

贈り物のへりくだった言い方

文字通り、粗品とは粗末な品物という意味もありますが、贈り物のへりくだった言い方、謙譲語です。

手土産・お土産やプレゼント、お祝い、贈答品、景品、御礼の品として贈呈 されるものも粗品と呼ばれています。

粗品を渡す際には「お口に合うかどうか分かりませんが」、「ささやかですが」、「心ばかりの品ですが」、「気持ちばかりですが」といった謙遜した言葉を添え、丁寧にご挨拶をすると良い印象を持ってもらい、会話も進むことでしょう。

 

利用シーン

街頭でティッシュペーパーを粗品として配っている光景を目にする機会もあり、様々な場面で粗品が利用されていることがわかります。

では、主な粗品の提供シーンについてご紹介していきましょう。

各種お祝い・挨拶回り・展示会など

開店・開業・開院記念として来ていただいたお客様や患者様へ、また、引越しや新築工事をする際に、ご近所の方へのご挨拶と共に粗品を渡します。

ファッション関連や車といった展示会でも来場客に感謝の気持ちを込めて粗品を配ることがあります。

粗品に使われる商品は洗剤や石鹸、タオルなどが多くみられます。

渡す際に付け添える言葉として使う

最近では、ご近所付き合いが減ってきているといわれ、引越しなどのご挨拶をしない傾向もあります。

ただ、「よろしくお願いします」という気持ちを込めて開店・開業・開院、引越しなどでご近所の方へご挨拶することも大切なマナーで、本来必要とされるものです。

そして、ご近所の方へのご挨拶や展示会で来場客に品物を渡す際には「粗品ですが」と付け添えるようにしましょう。

 

 

粗品と記載したほうが良いケース

通常「粗品」は、書き言葉として熨斗紙の表書きに使うことは、避けた方がいいのですが、「粗品」と書いた方が良い場合もありますのでご紹介しましょう。

商用目的のノベルティなどの場合

商用目的で配布するノベルティとして使用するなら配るというイメージが強いため、のし紙に「粗品」という書き方をしてもかまいません。

不特定多数に配るのなら「粗品」、相手側の気持ちを考えて選んだ品物には記念品やお礼、ご挨拶といった言葉を使いましょう。

のし紙の水引は、いずれの場合も紅白蝶結びでかまいません。

 

せっかくならオリジナルグッズで企業PRを

もし、企業PRでお客様や取引先に配るための品物をお探しでしたら、せっかくですのでオリジナルグッズを作られてはいかがでしょうか。

オリジナルグッズには企業などのロゴやオリジナルのイラストをプリントしたオリジナルエコバッグやトートバッグ、またボールペン、タオルなど様々なアイテムがあります。

オリジナルグッズがあれば、企業PRもやりやすくなります。

 

展示会など企業のPRにオススメの不織布バッグ


不織布 アドバッグ 75 小判抜き A4

不織布 ベーシックトート 100 A4縦

不織布スクエアトート(L)

不織布イベントバッグ

不織布バッグ一覧はこちらから

展示会用バッグ一覧はこちらから

 

 

まとめ

いかがでしたでしょう。

粗品とは何かについてご紹介しました。

贈り物は相手の立場を考え、自分の気持ちを表現することができます。

高価な品物だけが良いわけではなく、相手の方に喜んでいただけるものを意識して購入することがポイントとなります。

ぜひ粗品についての理解を深めていただき、上手に粗品を利用してください。

このブログが少しでも参考になれば幸いです。

-エコバッグのあれこれ Q and A

Copyright© オリジナルエコバッグ・トートバッグ・名入れ印刷のエコバッグハウス , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.