エコバッグのあれこれ Q and A

不織布の用途とは?主な種類と特徴から身近で活用されるアイテムまで

更新日:

こんにちは!エコバッグハウスです。

不織布は、誰でも一度は手にしたことがあるといえるほど、さまざまな製品に使われている布です。
良く見かけるところでは、エコバッグやトートバッグ、家庭用のふきん、マスク、ガーゼといったとても身近なものから、医療、農業、工業、土木・建築など幅広い用途があります。

では、不織布はどのようにして製法で作られているか、また、どんな特徴があるのかをご紹介させていただきます。

 

 

不織布の基礎知識

不織布:織って製作されていない布

文字通り不織布は「織らない布」のことです。
通常、布といえば糸を織る、または、編むことで作られ、衣類やバッグなどの生地となります。
織らない布・不織布の場合は、繊維をさまざまな方法で結合させ形成し、紙やフィルムとは違うシート状の布にしています。

また、不織布の素材には、綿、麻、毛といった天然の素材やレーヨンやポリエステル、ポリプロピレンなどの合成繊維、また、再生繊維、紙の原料となるパルプも使われています。
このようにさまざまな素材を使った不織布は、あらゆる用途に使用できる布といえるでしょう。

不織布の特徴:通気性、保湿性に優れる など

不織布には、多孔性(ポーラス)という非常に小さい細かな穴があるため、通気性が良く、そして、吸水性と保湿性にも富んでいます。
また、さまざまな素材を不織布に使用することによって、補強性や導電性、柔軟性、熱安定性など、さらにその素材の持つ特性を加えることができます。

不織布は、耐久性が他の布製品に比べて低いというデメリットがありましたが、現在は、製造技術の向上により、耐久性・強度が高い不織布の製造が可能になり、また、環境を考えた不織布の開発も進んでいます。

また、布や革、紙の代替として使用することもできる上に、不織布の優れた特徴を活かした独自の素材としても注目をされています。
そして、大量生産も可能なためにとてもリーズナブルに生産することができ、不織布自体の密度や厚さも柔軟に変えることができるため、応用範囲も広く、多種多様な用途に利用できる非常に便利な布といえます。

 

主な不織布の種類

不織布は、原料や加工・製造方法によって種類が分けられます。
では、不織布の製造方法の種類についてご紹介します。

・湿式不織布(しっしきふしょくふ):紙と同じ製造方法
主な製品:ティーバッグや乾燥材、フィルターなど

・乾式不織布 (かんしきふしょくふ)※乾式には以下の3つの製造方法があります。

ケミカルボンド:接着樹脂を使用する方法
主な製品:芯地、ワイパー等

サーマルボンド:接着繊維を使用する方法
主な製品:おむつやナプキンの表面材

エアレイド:エアーと接着剤を使用する方法
主な製品:おしぼり等

・スパンボンド:繊維を作る過程からそのまま製造する方法
主な製品:農業資材や土木建築資材、生活用品等

・メルトブロー:マイクロフィルターの製造向けに開発された方法
主な製品:マスク、給油材等

・スパンレース:高圧水流で製造する方法
主な製品:ガーゼ、コーティング剤等

・ニードルパンチ:針でからませる方法
主な製品:カーペットや自動車内装材等

・ステッチボンド:糸で縫い込む方法
主な製品:芯地や自動車内装座材等

本当に多種多様な製造方法で、さまざまな不織布が作られていることがわかります。

 

 

不織布の用途とは?

不織布は、通気性や吸湿性、保温性があり、使用する素材や製造方法によってさらに機能性が加わる事から、さまざまな用途があります。
また、不織布は紙や布といった他の素材の代替として使用する素材だけではなく、不織布の多様な特徴を活かした製品を創り出すことも可能となります。

では、不織布を使った主な製品・用途についてご紹介しますので、参考にしてください。

衣料、靴、スリッパ、バッグ、マスク など

不織布の用途は生活関連、医療・衛生、産業、土木・建築、農業・園芸、衣料といったものがあります。
不織布を使用した主な製品を以下にご紹介します。

生活関連

カーペット、カーペット基布、収納袋、風呂敷、スーツカバー、ティーバッグ、水切りシート、ワイパー、靴、スリッパ、バッグ

医療・衛生

手術着、覆布セット、お産用パット、キャップ、紙おむつ、生理用ナプキン、ガーゼ、マスク、ウェットティッシュ、実験着、防塵マスク

産業

フロアマット等自動車内装材、自動車用各種フィルター、研磨材、製紙用フェルト、電線押さえ巻テープ、電池セパレーター、エアフィルター、液体フィルター

土木・建築

吸出し防止材、遮水材、ルーフィング、結露シート

農業資材・園芸

ビニルハウスシート、遮光シート、べたがけシート

衣料

衣料用芯地、ブラジャーカップ用芯、肩パット、イベントジャンパー、人工皮革(人工皮革基布、塩ビレザー基布他)

不織布を使った製品は、こちらにご紹介した以外にも数多くありますが、主なものを挙げてみました。
このように私達の身近には、不織布を使ったさまざまな製品があり、手軽に利用することができます。

 

・人気のある不織布バッグ


不織布手提げバッグ

不織布A4フラットトート

不織布小判抜きバッグ

ベーシックトート75 大

不織布バッグ一覧はこちら

 

 

まとめ

いかがでしたでしょう。

不織布は、通気性や吸収性、保温性に優れ、原料や製造方法を変えることで、伸縮性や熱安定性などの機能性も付加することができますので、さまざまな用途があり、用途に合わせて不織布を製造することもできるということがわかりました。
また、不織布はやわらかく、キズをつけにくい、毛羽立たない、さわっても音がしないといったメリットもあります。
そして、大量生産ができることから比較的安価での購入も可能です。

不織布が使われているエコバッグやトートバッグも多く、カラーやデザインも豊富にあり、ノベルティとして使われていたり、イベントで配られていたりもしています。
私達の生活の中で多くのアイテムに使われている不織布は、その機能性からこれまで以上に幅広く使用される素材となるでしょう。

このブログが少しでも参考になれば幸いです。

-エコバッグのあれこれ Q and A

Copyright© オリジナルエコバッグ・トートバッグ・名入れ印刷のエコバッグハウス , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.