エコバッグのあれこれ Q and A

ナイロンの特徴とは?日常生活に欠かせない、軽くて丈夫な繊維の秘密

更新日:

こんにちは!エコバッグハウスです。

下着から合羽、各種ロープまで幅広い商品に使われる素材である「ナイロン」は今や生活に欠かせない物質になっています。

今回は、弱点があるとは言え、安価で使いやすい素材であり日常的に見かけることが多いナイロンの特徴などを、ご紹介していきたいと思います。

 

 

ナイロンとは?

ナイロンとはポリアミド合成樹脂のひとつです。

石油や石炭をもとに作られる化学繊維の一つで、1935年にデュポン社がナイロン6,6を開発したのが始まりです。

デュポン社はナイロンを女性用ストッキングの素材として開発し、のちに『ナイロン・ストッキング』を販売します。

この『ナイロン・ストッキング』は社会的大ヒットとなり、それまで主流だった木綿や絹(シルク)のストッキングの衰退を招きます。

その後、他社もナイロンを製造し販売するようになったため、ナイロンは商標ではなくポリアミド繊維一般を表す一般名称となり、合成繊維の中でも知名度が高い存在になりました。

ですから「ナイロン」と一口に言っても種類があり構成する素材や原料が異なります。

ちなみにナイロンは「norun」(伝線しない)が由来の言葉です。

 

ナイロンの特徴

ナイロンの利点はいろいろありますが、まず挙げられるのが軽量で摩擦に強く、しわになりにくいことです。

そのうえ弾力性が高く伸縮性に優れる一方で形が崩れにくいということもあげ挙げられます。

ストッキングが伝線する原因はストッキングに穴が開くなどして何らかの理由で解れてしまう事が原因なわけですが、伸縮性が高く摩擦に強ければほつれをある程度防ぐことができるわけです。

また水や油にも強いので摩擦に強く軽いという丈夫さがメリットとしてあるので強度が求められる登山や工事用のロープにも使われます。

また強度がありしわになりにくいということでジャケットにも使うことができます。
特に合羽やウィンドブレイカー、スキーウェアといった作業着やスポーツ用品としては一般的な素材です。

そしてインナーウェアとしても比較的簡単に染色がしやく軽量なので定番の素材のひとつとなっています。

デメリットしてまずあるのが熱に対して弱いことです。

これは化学繊維全般に言えることですが、火を使う現場には基本的に向いていません。

また天然繊維と比べて直射日光や紫外線に弱いという問題があります。
現在のナイロンは改善されており屋外での利用も特に問題ない物が一般的ですが、長期間外で利用すると劣化しやすいのでナイロンロープなどは定期的に検査と交換が必要です。

また衣料としてナイロンは比較的静電気が起きやすい素材なので着用する際には注意が必要です。

ポリエステルとの違い

ナイロンと同じく知名度が高い科学繊維にポリエステルがあります。

ポリエステルはもともと羊毛や綿に似せて作られたものですが、現在は改良が進み船からペットボトルまで幅広い分野で使われています。

またポリエステルも総称であり、いくつか種類があり構成する素材が異なります。

ナイロンとポリエステルは二つとも同じ化学繊維なので比較的近い資質を持ています。

違いとして一番あげられるのが耐熱性です。

日常生活の範囲であればポリエステルはナイロンよりも耐熱性が強く直射日光にも強いです。

ただ火を近づけるとポリエステルも直ぐに溶けてしまうのでこちらも火を使う現場には向いていません。

 

 

ナイロンの主な用途

ナイロンの主な用途としてまず挙げられるのが洋服などの衣類関係です。

先ほどもお伝えしたように、ストッキングやインナーウェアのほか、水着やスキーウェアといったスポーツウェア、水に強い性質を使った合羽などです。

水と摩擦に強く軽いということでエコバックやリュックにも使われます。

そのほか、テントをはじめとした各種キャンプ用品、船舶に使われるロープや漁に使う網、釣り糸に楽器の弦、テニスのガットなど幅広い分野で使われます。

変わったところでは車のエアバックもほとんどの物がナイロンで作られています。

 

ナイロン商品の保管方法

ナイロンは化学繊維なのでカビや虫害には強いですが、紫外線には弱いです。

また水に強いといってもある程度の吸水性・吸湿性はあり、放湿性はあまりよくありません。

ですから湿度と温度が低く、通気性が高い直射日光が当たらない日陰で保管するのがよいでしょう。

衣服のカバーなどは外すことをおすすめします。

またどれだけしっかりと保管しても利用する中でナイロン商品は劣化します。

ですから屋外で使うことが多いナイロン製ロープや釣り糸などは利用する前にしっかりと点検したうえで利用しましょう。

 

ナイロン商品の洗濯方法

ナイロンは水にも色落ちにも強いのでそこまで洗濯を気にする必要はなく、家庭でも洗濯しやすい素材であるといえます。
しかしそれでも注意して使わないとダメになってしまいます。

洗濯タグなどを確認

まず洗濯をする前に、衣服についている洗濯タグを確認しましょう。

タグには各種記号で推奨される洗濯の方法が書かれています。
これに従うのが一番です。

カバンやその他製品の場合、タグではなく保証書や説明書などに推奨される洗い方が書かれていることが多いです。

洗剤は弱アルカリ性か中性洗剤

次に洗剤ですが、ナイロンはアルカリに強い素材なので、一般家庭で使われる弱アルカリ洗剤と洗濯機を使えば問題ありません。

ランジェリーや下着、ブランドもののカバンなどは手洗いが推奨されることがありますが、その際は中性洗剤を使いましょう。

ただし防水加工がされているスキーウェアなど一部の素材では水洗い自体ができない場合があります。

その場合少しの汚れが気になるときは薄めた洗剤やアルコールなどで拭けば落ちます。
しっかりとした洗濯をする場合はクリーニングに出しましょう。

色落ちはしにくいが注意は必要

ナイロンは比較的色落ちや色移りに強い素材ですが、それでも洗濯をすると色移りしてしまうことがあります。
ですから基本的なことではありますが色物は分けて洗濯するほうが良いでしょう。

乾かす際は陰干し

ナイロンは日光に弱いので乾かす際には日光が当たらない日陰に干しましょう。

また熱に弱いので乾燥機は厳禁です。
ナイロンは速乾とまでは言えませんが、ある程度の乾性があるので水を切って日陰に干す程度で十分乾きます。

短期間であれば外干しで大きな問題が起きることはありませんが、ナイロンは紫外線を浴びると変色するのでできるだけ早めに取り込むようにしましょう。

アイロンをかける場合

基本的にしわになりにくい素材なのでアイロンをかける必要はあまりないのですが、それでも使っているうちにしわができてしまうことがあります。

その場合、アイロン可能の製品ならアイロンをかけることになるのですが、熱に弱いので低温に設定したうえで当て布をしながらアイロンをかけましょう。

アイロン不可の製品であればクリーニングに出して対応することになります。

 

ナイロン素材のオススメエコバッグ

ナイロン ランドリーバッグ ナイロン シューズバッグ ナイロン キャリングトート(L) ナイロン キャリングトート(M)

ナイロンバッグ一覧はこちらから

 

 

まとめ

いかがでしたでしょう。

戦後に女性用ストッキングの素材として登場したナイロンは文字通り世界を変えた素材の一つです。

日常で当たり前のように使う素材であり、ありとあらゆる分野で使われています。

軽いうえに頑丈で強度も高いので家庭でも扱いやすい素材ですが、それでも気をつけなければダメになってしまうので、しっかりとした保管と手入れをして大切に使っていきましょう。

このブログが少しでも参考になれば幸いです。

-エコバッグのあれこれ Q and A

Copyright© オリジナルエコバッグ・トートバッグ・名入れ印刷のエコバッグハウス , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.